後、1日で平成が終わろうとしています。

Attachment.png

皆様には平成の時代に本当にお世話になりまして、感謝の気持ちで一杯です。

私の昭和から平成を振り返ると

昭和の終わりに小学校を卒業し

中学時代に平成を迎えました。

正に思春期の真っ只中だった訳ですが、

私が歌手になりたいなと思ったのも、

平成元年頃だったかと記憶しています。

音大を卒業し、

平成13年には結婚し子供も産み

二児の母として、子育てをしながら、

音楽活動をして参りました。

今思えば、一番大変な平成の後半を子育て、

Attachment_1.png

そして音楽活動に邁進して参りました。

明日で平成も終わりとなります。

私が音楽活動に本格的に力を入れ始めたのは

平成23年の頃、今は平成31年ですから、

今から8年前になるわけです。

ちょうど、東日本大震災の起きた年でもあります。

それまでも、勿論、活動はしておりましたが、何か自分の中で歌う意味のような、強い意志が生まれました。

地域の為に、日本の為に そして地球の為に

そんな想いが本格化したのです。

それから、8年の月日が流れました。

Attachment_2.png

平成最後の30年、31年は大変災害やテロの多い時代でした。

昭和の時代に戦争が起き、もう2度と戦争は起こしたく無いと誰もが思ったことでしょう。

そして、平成へ。

日本では戦争は起きなかったもの、世界各地では民族、宗教、考えかたの違いなどで戦争が起き、テロも後を絶ちません。

これは何故起こるのでしょうか?

Attachment_3.png

また、地震、火山、台風と自然災害が、なんと多い事でしょう。

人々が自分たちの自我や欲、他者を許せない気持ちが戦争やテロを引き起こし、生命の尊さや人と分かち合う心を忘れてしまった結果、悲しみ、怒りとなり、牙を向くようになってしまったとしか考えられません。

理解して欲しい、何故私は理解されない

愛して欲しい

愛を与えず、愛を一方的に求めてばかり

何故、私は理解してもらえない

その様な想いが

Attachment_4.png

積もり積もってしまったのです。

それは、人間が人間を求める結果でも

あります。

愛はいつのまにか、考え方の相違で

すれ違ってしまったのです。

しかし、どうでしょう!?

太陽や自然は私たちに毎時毎秒、

私たちにいつでも、生きるための愛を

送ってくれているのです。

貴方が幾ら孤独で一人でも

自然は必ず、貴方の側にいて、

無条件に微笑みかけてくれるのです。

Attachment_5.png

愛を与え続けてくれています。

これに気づけない人が

この世の中には沢山います。

まだ、ものの無い頃、原始時代には

かならず、山に海に感謝し、太陽神に感謝し

月に祈りを捧げて来ました。水、食べ物も

全ては自然の恩恵から与えてもらったもの。

常に感謝し、祈りを捧げました。

しかしながら、今は科学や技術が発展し、

人間が一番偉いと思うようになりました。

太陽神だ、山の神、海の神だというだけで、

何かに取り憑かれたなど、または宗教だと

言われるような時代になってしまいました。

人間は最新技術の為に、自然を破壊し続けてきました。

人が人を殺めるようにもなりました。

これに気づいたときは、もう既に、

遅しというところまで来てしまいました。

新しい、令和という時代の幕が開かれようとしています。

Attachment_6.png

私達は愛ある存在です。

人の話を聞き、寄り添うこと

愛を与えてあげる事。

今一度、私達の在り方を

考えて、何故生かされているのか?

何によって、与えられた命なのか?

命の尊さを感じて

何のために生きているのか?を今一度

考える機会を与えられているように

Attachment_7.png

感じます。

自分が地球、未来の為に出来る事として

出来る事を全うしたいと感じました。

Attachment_8.png

今一度、気持ちを引き締めて、

令和を迎えてください。

私の出来ることは

歌い手として、皆様に歌を歌うことですが、

自然からのメッセージを感じて、

そのメッセージをお伝えする役目でも

Attachment_9.png

あります。

このメッセージをこれからも

歌を通して、伝えて行けたらと思っています。

平和な未来のために

私達の子供達のために

出来る事を一歩ずつ

平成31年4月30日 平成最後の日に寄せて

ソプラノさちあ

遂、一ヶ月前に子供たちとニュージーランドのマウントクックをハイキングしました。

其処でも数日前に大雨が降り、土砂崩れになっていたようで急遽、違うコースでハイキングしました。自然の恵みも一瞬にして恐怖に変わる実感を目の当たりにし、子供たちと一緒に旅が出来て、本当に嬉しかったです。

Attachment_10.png
Attachment_11.png

実は昨日、徳島県の剣山に登拝してまいりました。自然への感謝とお詫びを伝えてまいりました。1995メートルの山に登頂出来た喜びはひとしおでした。平成最後の記念に。